ANKON

主に趣味のこととか、出来事とか思ったこととか・・・なんか色々書いてます。

無地の着物

無地の着物って、着る機会の巾も広いし いろんな帯にも合わせやすくて、持ってたら便利な着物だと思う…1、2枚もあれば。(笑)

便利な着物とはいえ、何枚も持ってたら 便利でもなんでもない。

お茶とか習い事してたら、沢山あれば便利かもしれない(やってないから分からない💦)けど、何にもやってない。

紋付きの無地の着物・よ〜く見ると柄あるけど無地みたいな着物を除いても4,5枚ある…💦当時は、シンプルなのが好きだったし、(色柄がたくさんあるより 1色だからか?)無地の方がお値段も安め(笑)だったこともあって、好んで買ったんだけど・・・いざ着よう!と思うと、無地より多少柄があった方が合わせやすいし、便利な気がする。

格子柄上田紬+芭蕉葉柄博多帯

3月の展示会で購入した上田紬を着て、だるまやさんへ。

苦手な格子柄だけど、横線が細くて目立たないので、パッと見 縞柄に見えるので、苦手意識なく着れました。

真綿糸なので、暑過ぎるかな?と思ったけど・・・暑かった💦けど(笑)···柔らかくて軽かったので、思ったほどではなかったかな。

着心地も良かった。

バッグは、SNSでカリナさんから購入させてもらったがま口👛バッグ。

着物&バッグの小岩井紬工房·姉弟コーディネート。(笑)

紋紗織りの真綿帯

私が購入したお店に来てた西陣の人は、「真綿糸だけど 紋紗織りで少し透けるから夏帯だけど、真綿糸だし、帯芯を同系色にする(芯を濃色にすると、透け感が少し目立つ)から夏だけじゃなくても、春夏秋に使える」という説明で 夏帯として売ってた。

当時はまだ 私も夏に着物を着るつもりじゃなかったので、冬の寒い時期は避けて締めるつもりで購入しました。

夏も着物を着るようになったので、夏に締めようかな?って思ったんだけど…真綿のせいか?なんか暑く感じるので、夏にはまだ締めなかった。

そしたら 先日、たまたま某インターネットサイトで同じ帯が販売されてたのを見つけたの・・・着用期間が 9〜6月って書いてあった!9〜6月って、夏以外よね?(お値段もセールになってたけど、私が購入した時の半額💦)

メーカーも同じだし、紋紗織りっていうのも同じで、違うのは 真ん中の色が茶色か緑なとこだけなのに、着用時期の説明が違う!

どっちが正しいか?正解は分からないけど、なんとなく「夏に締めるのは暑い💦」っていう感覚は間違ってない気がする。(笑)

それに、冬も避けなくていいんじゃないか?って思ったら、着用の巾が広がったわ。

 

ファンミの一般販売

一昨日から 先行抽選の受け付けが始まったらしい。

ちゃんとした?ホールで2回に分けて開催となれば、昼夜両方に行く人がいたとしても、ファンクラブの会員だけじゃ 席埋まらないよね💦平日だし。

結局、私は行かないことにした・・・繁忙期に休みを取る日数限られてるし、11000円は高いよなーって思ったので。(落語会で5000円以上でも高いと思う。)

でも、せっかく日本でファンミーティングやるのに、席が空いてたらかわいそうなので、席が埋まるといいな。

ま、埋まらなくても事務所のミスだと思うけど。

 

 

着物ってディズニーランドみたい(笑)

趣味でお出かけ服として着る私にとっては。

しばらく着なければ 着なくても構わないけど、一度着ると「また着たーい」ってなる・・・ディズニーランドも、行くと「また行きたーい!」ってなるけど、行くのを我慢してしばらく行かなければ忘れちゃう。

縞夏牛首紬+菱文様博多八寸帯+墨流し染め紗羽織

今年の夏着物 着納め。

昨日のコーディネート。

帯は 夏帯じゃない普通の博多帯。まだ衿が絽なので、帯締めも夏用にしました。

 墨流し染め紗羽織を羽織りました

羽織紐の位置がちょうどいい感じ。衿をしっかり抜くように意識したからかな?